ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

「時代に翻弄される」とは、実はこういうことかもしれないなぁ。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180818062401j:plain

「となりのレトロガール」by 小坂俊史 まんがタイム 2018年9月号 p67 芳文社

 

さまざまな「思惑」が作り上げた「正体の無い価値」を、その時代に生きる人々が「これこそ宝物」みたいに信じてしまう。特に未来ある若者が。

まあ、ムズカシイ話は置いといて、バブル崩壊に向けて加速していく頃だと思うので、私自身もいろいろ思い出すことはあります。ちょっと今後の展開に期待してます、コワイもの見たさ的に。

それにしても、気がつくと「レトロ」も死語なんでしょうかね。あまり見かけなくなった気がします。

 

この作者さんは、竹書房系がメインフィールドだと思うのですが、こうして芳文社にも進出してきてくれるのはウレシイことです。いえ別に竹書房の連載もちゃんと買って読んでるんですよ。でもなんとなくタイム系にもしっくりくるというか、オモシロい息吹きを吹き込んでくれるというか。

さておきスタジャン。私も袖がレザーのいま思えばモノはイイけど高価なヤツを持っていました。一時期、そればっかり着てたんですが、ミドリ色だったので「ラクダの服はミドリ」というイメージが定着して困ったことがあります。たまに違う色の服を着てると「あれ、今日はミドリじゃないの?」とか言われたり(笑)。