ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。基本は「自分語り」ですのでご承知おきください。

「将来的に遊んで暮らせるように」を目標に頑張るのはよろしいのではなかろうかと。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210804064228j:plain

ブレンド・S」by 中山幸 まんがタイムきららCarat 2021年9月号p94 芳文社

 

ウチの親はよく「『働くのがイヤ、遊んで暮らしたい』というのは人間として最低やで!」と言ってました。ある意味「親が子にかける呪い」の類かとも思いますが、いまになって思えば良い呪いだったのかな。まだ結論を出せる年齢ではありませんがね。

父親は肉体労働とは縁遠い人だったのですが、そういう職種ということもあって「死ぬまで仕事をする」という考えでした。というか「自分の能力がいかに高いか」「自分がいかに人に求められる存在か」をよく話していましたからね。

残念ながら寄る年波には勝てず、さすがの父も認知がヤバくなってきてます。やはり病気で入院し仕事を辞めてからいろいろ上手く進まなくなってる感じはあります。「一生ボケずに100まで生きる」と豪語してたんですが…さてどうなりますやら。

ともかく、確かに有能で一時はスゴイ稼ぎを上げていたのですから、その面では尊敬する人物ではありますね。父のようなダイナミックな人生を送りたいという気持ちはかなり強く持っています。…まあ私にはマネできないなという気持ちもありますけど。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210804064247j:plain

 

さておき「ブレS」。このタイトルコマがとてもイイなー。キャラを園児化したスピンオフはスゴくスキなんだよなー。描いてほしいなー(…あれ、前に書いてたっけ?

…今回はそういうネタじゃなく「将来(の仕事)について」なんですが、確かに夏帆のいうとおり「(ゲームなど)欲しいものにお金を掛けられる収入」として仕事を選ぶのは間違いではないなと思ったり。実際問題「経済的ゆとり」がいろんなことをプラス方向に引っ張っていってくれる気はしますからね。

職業選択の自由」とはいえ、能力とは不可分なので、基本は「まず学ぶ力を養う」ことは重要です。世の中「(己の置かれた環境下で)学ぶことができる能力が足りない人」が多い…特に最近そういう人が増えている気がします。誤解を恐れずに言えば「ゆとり教育」と「週休二日制」あたりがその根源にあるような…ああまた「アナクロ」と言われてしまうなぁ。

この作品は「苺香&ディーノ」が「主役&主軸」なのは確かなのですが、個人的には「夏帆&秋月」がどうなっていくのかが気になりますね。ここのところ近づいていた感がありましたが、ある一線からは両者ディスタンスを取るところがもどかしくも面白いです。先が楽しみです。

取り掛かるまでは「まあ何とかなるっしょ」と思ってたのが、いざ始めてみると「あ…これ…どうもならんヤツゃ(汗)」になることはよくあります。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210803123900j:plain

「またぞろ。」by 幌田 まんがタイムきららCarat 2021年9月号p49 芳文社

 

だいたい「見込みが甘い」のは経験不足ゆえのことかと思うのですが、結構いい年齢になってもまだまだ「甘いまま」なのはなぜでしょうね、性格ですかね、違いますかね。

宿題にしろ何にしろ、とりあえず「5分やってみて」見積もりをするというのは有効かと思われます。まあ最初の5分間ぶんの負荷があまりに軽いと見誤るわけですけど…。

ホントは「余ってもイイから多めに見積もる」のが正解なんでしょう。ええそれが出来れば苦労はないわけで。どうしても「これくらい○○で済むわい」などと過小評価する傾向ですね。あ、私だけなんでしょうかそうですかそうだろうと思いました…。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210803123920j:plain

そして「次にくるマンガ大賞2021」にノミネートされてしまい(メデタイ)一気に注目作品となった「またぞろ。」です。私のブログも突如本作品をお借りしたページのアクセスが増えていたり…いやこれ最終結果が高順位だったらエライこっちゃ(メデタイ)。

うがった見方をするとそれだけ「マンガ読者層には留年経験者が多くて本作品をスルーするなどということが出来なかった」とも…あウソです上段ですええ私ぐらいですそういうの。

ともあれコトちゃんが「ちゃんと」してる…ついでにムリもしてる今回。麻里矢ちゃんが買い物から帰ってくるとスイッチが入るところなどなんとも秀逸な演出です。

あと楓の「勉強がはかどって困っている」様子も心理描写がなかなかイイ感じです。麻里矢ちゃんとは逆バリな性格ですが、この2人のカラミも面白そうですね。

さておき「次マン」の結果発表まであと3週間。どこら辺まで食い込んでくるか楽しみです。

寝不足(と空腹)が判断力を低下させるのは確かです。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210802130307j:plain

「まちカドまぞく」by 伊藤いづも まんがタイムきららCarat 2021年9月号p91 芳文社

 

何かで読んだのですが、自衛隊と米軍の合同演習で「米軍の幹部は部下に任せて睡眠をとるので起きているときはちゃんと頭が回っているが、自衛隊の幹部はなんだかんだで睡眠不足が積み重なってコンディション低下が顕著」らしいです。

まあ何かしらウラがある気もしますが、実際問題「指揮官が不調で判断ミス」というのは致命的ですから、ベストコンディションを維持することは至上命題だと思います。

戦場では全部署が一斉に休めないわけで、その分「任せられる人材」がいないと、特定の箇所に負担が集中してしまいますよね。なので「ナンバー2」の能力がポイントだろうなと。

日本式の「ナンバー2」は「頭脳ポジションの参謀格」だと思うのですが、たぶん米軍あたりだと「リーダー不在時にそのポジションを代行できる能力」が要求されている気がします。ええ想像ですけどね。

日本的バランス感覚とは違う要素がそこにはあるんじゃないでしょうか。多少飛躍しますが、そこら辺が先の大戦で連合軍に勝てなかった理由の一つだと思ったり…。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210802130330j:plain

 

ともあれ、連載上の時間進行がじわじわ這いよるモンですっかり混沌な「カドま」。アニメ2期の展開に絡むような事情が有るのでしょうか無いのでしょうねたぶんね…。

桃は「腹が減っては戦は出来ぬ」という「基本」を大事にしてるキャラですな。考えてみれば初登場からシャミ子に「ねぎとろデニッシュ」を施してましたから(旨いかどうかは別

あと小倉さんの素性が(まぁバレバレというハナシもあるにせよ)徐々に明らかになっていくところが単行本次巻の軸の一つということですね。

しかし個人的には4コマフリークゆえにこの作品があくまで4コマスタイルを堅持していることは歓迎すべきなんですが、たまにはストーリーコマ割りという冒険も読んでみたい気もします(宗旨替えではない決してない

そうそう、タイトルコマ↑のごせん像のオメメがなんともカワイイのです。このオメメのフィギュアを出したら売れそうな気がします(無責任な発言

家電はともかく、PCは「何もしてないのに」があるんです…いえあるんですよホント。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210801071359j:plain

「となりのフィギュア原型師」by 丸井まお まんがタイムオリジナル 2021年9月号p40 芳文社

 

信じて…(笑)。

何かしたかどうかはさておき、壊れて困るのが家電です。我が家も洗濯機が不調です。突然死ではないのが救いと言えば救いですが、夏なのにフトコロだけは寒いもので、ついつい「修理する?」「買い替える?」などと話だけをして、まだ騙しだまし使ってたりします。ああいいかげんなんとかしないとしないと…。

で、PCです。過去に2度「突然死」の経験があります。正確には「異状に気付いてバックアップ等の対応を」と思った次の瞬間にはご逝去されておりました。なんてこったい。

機械が壊れるのは仕方ないのですが、データが消えてしまうのが本当に切ないものです。泣いても叫んでも帰ってこないのは承知してますので、粛々と「残滓を拾い集め」て、出来る範囲でのリカバリーをするわけですね(半泣きでね

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210801071416j:plain

 

そんな「夏の遭いたくないアクシデント上位のエアコン故障」から始まる今回の「とな原」です。自宅より整った環境がある職場での「エアコン死」は、作業効率の著しい低下を招きますね。自明の理です(なにが

冗談ヌキで「酷暑の中の冷房停止」は生命維持に関わりますから、二の矢三の矢を用意しておくのは吉です。私の場合は充電式のファンとUSB電源のファンを1台ずつ確保してます。ええ焼け石に水ですともさ。

そしてなんだかんだでビニールプールが出てくるところが「さすが分かってらしゃる」作者さんの展開手法。…そうか、生八つ橋という表現を読んだのは多分初めてだと思うな。

前作「牧場OL」とは方向性こそ違いますが、登場人物の役割分担(キャラ振り分け)がとても上手いのがこの作者さんの特性ですね。最初は前作とはまるで違うように感じた本作ですが、最近この2作品の共通項がいろいろ見えてきた気がします。

のぼせるタイプの中には現実と妄想の壁を乗り越えちゃう人もいますからねぇ…。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210731123139j:plain

「オネェの恋のはじめかた」by 真木たなひ まんがタイムオリジナル 2021年9月号p159 芳文社

 

夢が夢であるうちは良いのですが、現実が夢から遠ざかる方向へ動いたときに「それは間違っている!」などと言いだしたりね。うーコワイコワイ。

普通ならそうそう高い熱量でのぼせること自体が困難だったり、ちゃんとメンタルのサーモスタットが作動してくれるものなんですが、一部にはその機能が故障しているとしか思えない方々も存在しますよね。…いえ別に特定の人をどうこう言おうというわけではなくてねゴニョゴニョ。

のぼせすぎて危険な領域に踏み込んでいるところを、うまくブレーキをかけて冷却してくれる人が周りにいてくれればまだいいんですけどね。悪いことにのぼせる方々は「心ある人のブレーキ&冷却」を自分に対する「敵対行動」とみなしがちです。んでそういう人は離れていってしまう→ノーブレーキの集団が形成されるわけですよ困ったね。

とはいえ、熱量が有り余っている方々による牽引力がプラスに作用すると、ちんたらやっていたらどれだけ時間をかけても達成できないレベルの偉業を成し遂げてしまう場合もあるわけで、良いとか悪いとか簡単に言い切れないのも事実です。難しいね。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210731123201j:plain

 

さておき「オネ恋」。実はかなりノーマークに近い作品だったのですが、尻上がりに面白くなってきてまして、最近ゲストの最初から読み直して「これは侮れない良作(品&者)」と認識を新たにしたところです。

BL要素があるような無いような不思議な感じがする作品です。あと自分もそうでしたが、やっぱりその手の方面には学ランって価値あるアイテムなんでしょうかね?…ええふと思っただけなんですけどね。

これまでも何度かゲスト掲載があったり、竹方面でも活動してるようなんですが、正直あまり好みじゃないような感触が最初のうちはありましたので…。ああ、まだまだ「観察力」や「選択眼」が足りないなぁ<自分

ただ、まだまだ先の展開があるでしょうから、ここからどう進んでいくか、楽しみに追っていこうと思います。

ヨモギではありませんがコーヒーの利尿作用は日々体験しております。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210730120641j:plain

「おだまき君の道草ごはん」by 佐倉色 まんがタイムオリジナル 2021年9月号p82 芳文社

 

職場の中では私は一番「頻繁にトイレに立つ」のですよ。それこそ1時間に2回とか。

家にいるときはそんなこともないんですが、職場だと「薄いコーヒーをガブ飲み」するものですからね。どうしたって「接種水分+利尿作用」が効きます。

ちゃんと「コーヒーを味わう」ときは、みんなより「濃い」方を好むのですが、仕事の相棒としては「薄い」方がデフォです。

とはいえ、夏はペットボトルのコーヒーも飲むため、どうしても「薄め度合い」が一般的な濃度に近く、「トイレに行きたくて行ったのに出ない」なんてこともままあります。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210730120700j:plain

 

ともあれ「おだ草」。この作者さんはとてもスキなんですが、まだ2話目なので作品自体にはピンと来ないところもありますね。そうこうしているうちにイイ感じになるのは確かでしょうけど。

あと、前回に比べておだまき君にどことなく「セレブ感」というか「育ちの良さ」が感じられます。バイトやらで苦労してそうなんですけどね。どんなバイトなんでしょうか。

そういうところもこれからでしょうから、当面目の離せない作品です。あと穂高さん、好みですねこういうコは。

お経の「万能薬」とも言える「般若心経」の一節なんですよこれ。

f:id:tanaka-minoru-fake:20210729123842j:plain

月替わりコミックエッセイ特集「夏の恐怖体験談」by 塚原洋一 まんがタウン 2021年8月号p16 双葉社

 

全部を諳んじてるわけではありませんが、なんだかんだで聞きなじみのあるお経ではあります。

特段日頃からお経を唱えたりする生活はしてませんが、法事だの何だので年に一度くらいは機会がありますかねぇ。

レインボーマンは何となく憶えています、たぶん。確かこの「あのくたらさんみゃく云々」を三回だか唱えて「レインボーダッシュ、セブン!」とかなんとか…ああだめだうろ覚えというよりそもそも憶えてないかも。

どちらかと言うと最後の方の「ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー」云々が印象としては強く入っている感じです。法事で唱えるときに配られる経本には漢字でルビ付きなんですが、もうそのルビのひらがなと「耳から入る音声」で認識してますね脳が。

「万能薬」と書きましたが、一方で「寝っころがったりのんべんだらりと唱えると胃の腑が腐るぞ」とかいう年寄りもいて、まああまり近寄りすぎないようにしないとね、という接し方でしたね。でも祖母の世代のお年寄りたちが熱心に唱えているのを見るにつけ、やはり「大事な呪文なんだろうな」という意識はありました、子どもながらに。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20210729123859j:plain

 

というわけで塚原洋一さんの「月替わりコミックエッセイ特集」からヒトコマお借りしたんですが…タイトルコマが無いので苦し紛れにこの広告を(笑)。

実際、Twitterにも書いたんですが、これなかなか美味しいですよ。どちらかというと「塩」が好みかな。でもどちらもイイ感じです。ホンのちょっぴり量が少なめですが、おむすびとかと一緒に食べるならちょうどいいですね。

エースコックというと、やっぱり「ワンタンメン」なんですが、あの独特の「エースコックのスープの味わい」って、実は「松茸風味」だそうです。あーなんとなくそう言われれば…。でも確かに「エースコックの味」って、どの商品にも共通した何かを感じるんですが、それが「松茸風味」なんでしょうね。

個人的には「とろみがついてるわけでもないのに、味にとろみを感じる」といったところですかね。まったり感のあるスープは「特徴は少ないけど特徴的」だと思います。

まあカップ麺の話はさておき、作者さんはそこそこの年齢のようでして、昭和生まれならではの「あるある感」がスキです。まるっきり違う作品も読んでみたいですね。