ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。※基本は「自分語り」ですのでご承知おきください。

ずいぶん昔だけど、何かのCMで「財布が軽けりゃ心が重い」ってありましたよね?

f:id:tanaka-minoru-fake:20200701070707j:plain

「平日休みの堀出さん」by 小坂俊史 まんがタウン2020年7月号p33 双葉社

 

いまだに「○○ペイ」系には手を出してないのですが、生活のキャッシュレス化自体は95%以上になってはいます。つまり「キャッシュレス=クレジットカード」なわけですね。

最初にクレジットカードをつくってから20年以上にはなるのかな?つくった当初は「カードというのは恐ろしいものじゃと言うで、使わんに越したことはないのじゃろうのう」みたいな感じでしたけど(笑)。というか、カードをつくった理由のひとつが「ニフティサーブ」を利用するためだったくらいでして、それ以外はほとんど出番がなかったです。公共料金のカード払いとかも、いまほどには普及してませんでしたし。
それからどんどん「カード使えます」という店が増えて、いまではいわゆる町内会費の類とか、コンビニでプリペイドカードを購入するとか…それくらいしか現金払いの機会が無くなってたりします。

だからたまに「現金オンリー」の店なんかに入ってしまうと焦ります…よね?「あ?カード使えない?じゃいいです」と言ってさっと出てこられる人には何でもないことなんでしょうけど、私はどうもそういうのが苦手でして…結局、財布の中にあるわずかな現金で払うことになりますねぇ。

最近は店員さんにカードを手渡さず、自分で端末に差し込んで読ませるタイプが増えてきました。ちょうどコロナ禍もあって、少しでも接触を減らせるのは良いことかもしれません。あと、店の人がチラッと裏面のサインを確認するのが無くなるのもメリットかも。別に気にするほどのことじゃないんでしょうけど、フルネームを知られることに抵抗がある買い物のときだって…ねぇ。

個人情報にウルサイ時代になっている割に、その個人情報が昔より大事にされていない気がするのも最近の傾向です。ちょっと話がズレるんですが、以前急な出費(親の介護)で現金が必要になったとき、手持ちが無かったので「キャッシュカードに付帯しているカードローン機能」でお金を借りたんですが、しばらく後にその金融機関の職員から「お金かりてますよね?カードローンは利息が高いので借り換えませんか?」って電話が来たときにはゾッとしました。「何?銀行員ってそういうことも知っててそれフツーなの?ヤベェ(汗)」ってなりましたから。もっともそこでその銀行と手を切れれば良かったのですが、いろいろあってそれもできず…。でも次のボーナスでソッコー全額返金しましたよ、ヤだったしねぇ

 

そんなことはさておき「堀出さん」。競馬かー、競馬場は何かで行ったけど馬券は買ったことないかなー?競艇では舟券かったけど…全然勝てなかったね。まあ面白かったような記憶はあるので、そこそこ楽しめたんだと思うけど忘れちゃった。いま住んでるところじゃ、たぶん半径100キロ以内に場外売り場すら無いと思う。

馬自体は好きです。馬術部の友人にくっついていって馬場や厩舎に入っことが何度もあったし、ちょっと離れているけど馬牧場みたいなところにもときどき行ってますし。カワイイよね、お馬さん。

この作品、ライオリで連載中の「よそじメシ」とちょっと登場人物が似てるので、これも作者さん夫妻の実話かと思っちゃうんですよね。でもきっと少しは実話も入っていそう。場内の売店が実はカードOKだった話とかね。

中卒での社会人経験がある私に言わせれば「とんでもないメンタリティのヤカラ」と渡り合うには「若さ」は武器じゃなくて足枷です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20200627153631j:plain

「ちんまり経理のヒメ先輩」by kera まんがタイムスペシャル 2018年3月号p60 芳文社

 

私の場合は「中卒→ホンちょびっと高校→社会人その1(5年程)→大検→大学その1→大学その2→社会人その2→失業→社会人その3」というのが概要ですが、正直「善かれと思って飛び込んだ社会人その1」が教えてくれたのは、世の中は様々な「自分の定規を持った人々」で出来ている、ということでした…ことだったかもしれません。

他にもいろんな要因が絡み合ってはいるのですが、結局退職して「やっぱり大学へ行こう」と思った理由の一つは「自分の身の回りの経験だけから、自分の定規をつくることの危うさ」を感じたからです。いや、もうちょっとぼんやりとしたものでしたけどね、当時は。

リアリティの高い「経済・商学部」や「教育」、「工学・農林」の方が、おそらく卒業後の進路では有利なのは分かり切っていましたが(実際願書は農学部から取り寄せたし)、何のために仕事を辞めてまで大学に行くのか…と思うと、もう選択肢は文学部くらいしかないんですよ。ただ、そう言いつつも最初は法学部に入ったわけで、マジメに法職に進む気もあったのですけど(笑)。入学式で法学部長の訓辞だかで「今年の新入生の入試成績は、近年ではずば抜けて優秀だった」などと言われてちょっとイイ気もしたのですが、何しろ学費より教科書&参考書がバカ高くて閉口しました。

そんなこんなで文学部へ。そこではドイツ語を学んでいたのですが、ほとんど「ドイツ・オペラ」「ドイツの戯曲」にひたひたに浸っていただけ…とてもじゃないけど優秀とは言えない学生だったと思います。

ただまぁ、授業料&生活費をギリギリで稼ぎ出しつつ、いくばくかの回り道も経験しながらの学生時代は、いま振り返っても「お金にかえられない」時間だったと、いまでも感じますね。

「社会に出たら学生気分は通じない」とか言いますけど、社会人から学生になったときは「大学では、社会人常識を振り回しても失笑を買うだけ」だと思いました。…いえいえ、そんなことはしてませんよ私は。

 

さておき「ヒメ先輩」。…やっぱ良いわぁ、この作品。なんだかんだで「まだまだコドモ」だけど、そんなコドモがその瞬間瞬間に考えるであろう「少しでも大人に近づこうとして考える理屈」が、実に見事に描き表されているんですよね。いわゆる「…青い!青いなぁ~!」と「(嬉)」を付けて言いたくなる。いろいろあって、掲載時のこの頃ってしっかり読んでなかったけど、良作ですよね。

あと自分のオヤジっぽさを晒しそうでアレなんですが、ヒメ先輩はじめうら若き女子の「肌の湿感」が絶妙に表現されてて…何と言うかタマらんなぁ (^ω^;\バキ!(▼▼メ

理解が追いつかなくても、どうにも訊きづらいときってありますからね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20200625125421j:plain

「デザイナーさん、限界です。」by ゆうひ まんがタイムきららMAX 2018年1月号p208 芳文社

 

社会人としてそれじゃあ困るのは確かですが、分かるまで訊こうとすると怒り出す人がいるのも事実ですから。そういう「訊くと怒るタイプ」って、だいたい「70歳代以上」に多い気がするんですが…偏見かな?いや当たってると思うよね?君はどう?(笑)

なお「訊いても嫌がらずに説明してくれるけど、細かい内容まで指示をしてくるタイプ」も、怒るよりは多少マシながらも困らせられやすいです、個人的な経験から言って。イメージを現実に起こすためには、どうしても取捨選択が必要なんですけど、そこんところが理解してもらえないというか…。私の場合は映像制作だったんですけど、たまに「テレビでやってた撮影技法と同様のモノを要求する」クライアントがいるんですよね。まぁ「何が欲しいかが明確」である点はよろしいのですがね。正直「いやそれどうやって撮れというんスか?」みたいなのを要求してこられて「あー、えー、んーと…ちょっとムズかしいです申し訳ありません」とか答えると「なんだよプロなのに出来ないのかよ(意訳)」とか追い打ちを…ぐぅう(←グゥの音)。

最近は「ハイビジョンは当たり前、4Kでも普通、8Kでやっとイイネ」ですから、昔だと画質的に写らないレベルにまで気をつかい金をつかい…いまのプロダクションは大変そうだなぁ。でもドローンなんかが出てきてるので、その点はうらやましい。以前はヘリのチャーターが必要だった映像も、そこそこ簡単&ローコストに撮れますから。

 

さておき「限界さん」。IT土方ならぬデザイン土方とかって言うんでしょうか、ハードさは伝わってきますよ。この手の業種って「先輩・後輩」はもちろん「同期のライバル」でも、ときにはサポートし合いながらでないと、手ごわいクライアントには立ち向かえませんからね。

頼りになる先輩がいるのは心強いのですが、そのうちには自分もそうならないと後輩を育てられませんし、ヘタをすると後輩にナメられ放題の情けない先輩になりかねない。自己研鑽(=新テク導入)を絶えず続ける必要が、特にクリエイター系の仕事にはあるから大変ですよね。

この作品、結構評判は良かった感(なんとなくですけど)あったんですが(ゲストで4話までいきましたし)、残念ながら連載には至りませんでした。このあとケモミミ系ファンタジー?でもゲスト掲載があったんですけど、その後はどうなんでしょう?追いきれてないので分かりませんが…。某クリエイターサイトに登録があるので、またどこかで「お仕事系」を描いてくれるのを期待してます。

自分でもこういう性格ってどうかなとは思うのですが、打ち合わせとか会議とか録音せずにはおれないタイプです。

f:id:tanaka-minoru-fake:20200621143957j:plain

「ワンタイム!」by タケイオーキ まんがタイムきらら 2018年2月号p173 芳文社

 

スマホのホーム画面には録音アプリのアイコンが置いてあって、数アクションで録音が開始できるようになっています。あと、通話は全て自動で録音される設定です。

会議に出席するときなど、向かう途中の車内で録音を始めることもままありますね。着いてからだとドタバタしてて「ついうっかり」録音を忘れることがありますから。

メモももちろん取るんですが、それに神経をもっていかれると話に置いていかれやすいですし、何より会話の内容を短くメモ文章に整理しながら書くことになるので、往々にして「そんなことは言ってないのに」ニュアンスで曲解してメモする場合があるんですよね。

仕事柄、いわゆる「コールドリーディングの達人」たちを相手にすることが多くて、丸め込まれたりしないように気を付けながら会話をつなげる必要があることも、録音する理由だったりします。その場では話が理解できた気になっていても、録音を聞き返すと実に見事に話をはぐらかされて「言質が取れてない」ことも。まあはぐらかしたい側になったときには、参考にさせてもらうこともあるんですけどね(笑)。

スマホは手軽かつ怪しまれずに記録を取れる便利なガジェットです。でもそこそこしっかり記録しようと思うと、やはりカメラとかレコーダーが必須。自分で言うのもなんですが、正直引かれるくらいその手のガジェットは持ってます。一眼とミラーレスは2台ずつ、ビデオカメラは全部で6台、音声レコーダーは4台…それ以外にも部分的に機能が故障してるの(音が録れないビデオカメラとか)が何台もあるので、まぁマニアの域には足を(首まで?)突っ込んでいると言えるでしょうね。そうそう、単品のマイクは20本は軽く超えます。テレホンマイクとかもあるね。ん~、我ながらよく買いそろえたなぁ(アホかと:笑

 

機材自慢(?)はさておき、「ブログ停止時期の掘り起こし」の第4弾。本作品は次々号の4月号に2話目が掲載されたのですが、結局連載には至りませんでした。ちょっと期待したんですが…その後はたぶん4コマは描いてないと思われ。

作者さんは成人向け同人界隈では有名らしいのですが、4コマでは本作ぐらいしか見かけてません。画も演出も上手いので、また機会があれば…とは思うのですがはてさて。4コマって軽く見られがちだから、仕事でも無理して描かないのかもなぁ。

ともあれ「ご主人様モノ」としてはよくある生徒会長が出てくるヤツですが、会長が「イヌ」になるのはあまりないのかも。ちょうど同じくらいの時期にキャラットで掲載されてたむっしゅさんの「先パイがお呼びです!」は、会長がご主人という「セオリー通り」だったのが良かったのか連載になったし、2乙とはいえ単行本化もされてましたけどね。4コマ読みの皆さまは、あまり突拍子もない設定は受け入れにくいのかしらん。…いえ、私はスキでしたよそこそこ。

視力矯正具なしでは生きられない人間ですが、レーシックに踏ん切りが付けられない悩める子羊でもあります。

f:id:tanaka-minoru-fake:20200616123909j:plain

はるみねーしょん」by 大沖 まんがタイムきららCarat 2018年1月号p64 芳文社

 

 学生時代にコンタクトにして、社会人(2度目)の2年めくらいまではメガネはかけてませんでした。その6~7年を除くとずっとメガネです。かけ始めも確か小学校に入る前だったかな。長い付き合いです。

それでも、もし災害など緊急事態でメガネが壊れたり失くしたり…ということを考えると、どうしても「視力矯正手術」が気になってしまいます。メガネ無しでもモノが良く見えるなら、どれほど安心快適な生活になるか。強度の近視(+乱視)って、広い意味では障碍と言えなくもないですからね。

…と、そういうことを考えつつも、いろんな面(手術のリスク、長期的な安全性、そして経済的な問題)からなかなかレーシック実行に踏み切れないチキンです。実は中谷彰宏氏がレーシックを受けたと聞いたときは、ちょっと本気でやってみようかと思ったんですけどね。氏の「レーシックのメリットを説く動画」にはかなり背中への押圧を感じましたし。

それでもウダウダと理由をつけて、結局やってないまま今日に至ります。あー、こういう性格は直した方がいいんだろうとは思うのですが…簡単には直りませんねぇ。

 

さておき、またもブログ中断期のヤツから「はるみねーしょん」。かじゅちゃんはまあメガネが本体のクチですよね。モトネタ?の坂本教授はときどきメガネなくらいですが…。メガネが本体といえば、ほかに「ひだまりスケッチ」の紗英とか「GA」のキサラギとか「Aチャンネル」のナギとか…キリがないw。

それにしても、個人的にはハトポポコさんの「平成生まれ」みたく「2」が出ると確信していた本作ですが、ファンタジアには出たものの後が聞こえてこないのが残念です。復活してほしいなぁ…。

秘密には「ウソをつくことになる秘密」と「ウソをつかずに済む秘密」の二通りがあると思うのです。

f:id:tanaka-minoru-fake:20200614162430j:plain

 「ひみつトリニティ」by 森永ミキ まんがタイムきららMAX 2018年4月号p171 芳文社

 

「ウソをつくことで保たれている秘密」の場合、秘密を打ち明ける(バラす)ことが、イコール「だましていたことを認める」ということになる。そこが「(打ち明けた)秘密の共有」の一番ムズかしいところだと思います。

秘密を明かす前は「だましていた」「だまされていた」という関係なわけで、そういう立ち位置を維持していた過去があるのに、秘密を共有し始めた途端にその相手との(秘密を共有するという)信頼関係を築く(つくりあげる)というのは、私の感覚からいえばフツーは「それ無理」なんですよね。

だから、個人的には「ウソをついてしまったら、意地でもつき通す」方が、相手のためにも自分のためにも良いのではないかという考えです。もちろん、秘密がバレてウソをついていたことが分かってしまったなら、そこはそれ、潔く認めるのもアリですが。

それでも私自身は、ある人が「ウソをついてまで秘密にしたいこと」であるなら、それがたとえば大量殺人計画のようなものでない限り、秘密を暴いたりウソを見抜いて晒したりはしたくないし、そもそもそうする意味があるとは思えないのですよね。

…アレ?何か以前にも似たようなこと書いてなかったっけ?と思ったらやっぱりむかしの記事にありました。そう、まさに「未熟な人間性」なんだと思うわけですよ。ウソをつくことは良くないことかもしれないけど、そこのところで「稚児(ややこ)しい」ことをせずに「大人(おとな)しい」やりかたで社会をまわしていくのがよろしいのではないかと…。

 

まあそんなややこしい話は置いといて…と(笑)。

最近「2~3年前に半年ほどブログを休止していたころ、一読して自炊だけして放置状態だった4コマ誌」を読み返しているんですが、前回のミナミトさんに続いて、今回は「旅する海とアトリエ」を現在連載中の森永ミキさんのMAX初登場作「ひみつトリニティ」からヒトコマ。

将来、何かの単行本に再録されるかもしれませんが、まあほとんどの人は読まないかも(失礼)しれないのでネタバレしてしまいますけど、このコマの「遠藤優」の秘密は「実はオトコ」というヤツだったりします。あと2人のキャラ(「芹田まりえ」と「林美保」)も秘密があるけど「黙っているだけでウソはついてない秘密」でしかもまあまあライトな秘密。それに比べるとある種「世を欺く秘密」なのが優のウソなわけです。

 

ここで個人的なハナシなんですが、実は20年来のつき合いになる私の友人の一人が、ある日「自分はゲイである」とカミングアウトしたことがありまして、仲間内ではちょっと騒ぎにもなりました。ただ、彼の場合もなんですが、やはり「だまし・だまされの関係を乗り越えられると信じて」秘密を明かしたわけで、結局多くの友人は、彼がゲイであっても変わらず友人であり続けました。もちろん、私も。

というわけで、個人的な経験も相まって、この作品は「ステキな作品」だなぁと思うのです。人間と人間の関係っていろいろあるけど、そこはやはり「積み重ねた何か」がモノをいうのかもしれませんね。

…うーむ、何か言っていることが二転三転しているぞ(汗)。

まあこれは先生とかが慰めに言う言葉であって、本人はそう思っても…ねぇ?

f:id:tanaka-minoru-fake:20200612071502j:plain

「きらぼし!」by ミナミト まんがタイムきらら 2017年6月号p193 芳文社

 

 今月のきららで「海色マーチ」が最終回だったんですが、自炊初期のきららを読んでて、ふとそういえば作者さんの昔の作品ってどこかにあったよなーと思ったら、丁度このゲスト掲載(計3回の3回目)を見つけましてね。

テーマが「幽体離脱?+宇宙遊泳+未知との遭遇」みたいなヤツなんですが、いまの「海色マーチ」とは舞台が違う割には、雰囲気はもうこのころから確立されていたんですねぇ。なんにせよ次回作に期待してます。

 

さておき、自分とその周りにとらわれ過ぎない視点は確かに大事ではあります。このお気楽主人公ひなたのセリフは「自分で責任をとれるのなら」考え方のベースに持っておくのは悪くないんじゃないかな。

ただ、だいたいこういう理屈を言いたがる年代には「そういうことは自分の尻を自分で拭けるようになってから言いなさい」と言いたいです。ええ、最近そういう事案がありましてねぇ…はぁ~(タメイキ