ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

暫時復活中:テレビで紹介された店が本当に美味いか?食べログ等は頼りになるか?…結論は「食べなきゃわからん」ということで(苦笑)。

f:id:tanaka-minoru-fake:20200102162154j:plain

「カントリー少女は都会をめざす!?」by 鬼龍駿河 まんがタイムオリジナル 2020年2月号 p70 芳文社

 

…いえね、普段テレビを見ない私も、正月ぐらいは家族団らん的なムードに流され(引きずられ)て正月番組なぞを見るわけですわ。で、なにかと「食べ物ネタ」「グルメネタ」が画面に出ると家族の皆様は「美味しそうだね」「食べてみたいね」「行ってみようか」などとかまびすしい。別にそれが悪いとは言わないけど、ついでにスマホ食べログの口コミなどを見はじめたりして「結構ホシ付いてるみたい」「口コミも評判良さそう」とかしゃべり始めるともう…ねぇ?

ローカルとはいえテレビで取材する側にいた人間からすれば、ほとんどの場合テレビに出るときの料理は「テレビスペシャル」なもので、まったく普段と変わりない料理を出すお店はごく稀だと、経験からして断言してしまうのですよ。もちろん取材する側も「よりテレビ映えするもの」をお願い(要求)するから、お店が一方的に悪いとは言いませんがね。

…と、正月早々そんなネガティブなことを書いていてはいけません。要は何が言いたいかというと「良さそうだなと思う店で食べてみる」ことですね。ハズレを引きたくない気持ちも分かるのですが、アタリに出会えるセンサーを鍛えずにテレビやネットの情報を頼っていては「自分のお気に入り」にはめぐり会えない、そんな気がするわけです。

実際、私の「お気に入りの店」は、食べログでは低評価が多いのですが、よく読むと言いがかり的な内容だったり、料理以外のところでやたら減点してたり…。まだGoogleの評価の方が妥当かなと思ったりしますね。それ以外でも、知人のおすすめとかなら信頼度も高くなりますが、味覚というのは人それぞれ。結局は「自分の舌で確かめてみる」しかないというヤツです。

 

それはさておき「カントリー少女」。あいかわらず地方というか田舎というか、絶妙なところを舞台に持ってきて、またJKキャラもイイ感じに振り分けられている秀作だと思います。オンナノコはやれニキビがどうのと言うわりにスキですよねチョコレート。実は私も食べ比べにハマった時期があり、初期の明治「ザ・チョコレート」はコンプしました。ここ最近のは…さすがに追い切れていませんが。

いまでこそ笑い話ですが、銀座のリシャールというチョコレート店に行きたくて、東京在住の友人と連れ立って店の前まで行ったのです。しかしどう見ても自分たちには似つかわしくないセレブ感満点の店構え。友達は「俺ちょっと他の用済ませてくるから行って来いよ」と…。悩みましたが結局入らずに梅林でとんかつ食べて帰ってきました。ええ、いい思い出です(笑)。