ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

いわゆる「旬のオススメ」系のメニューには惹かれますね。でも豚肉に旬は…あるんですかね?

f:id:tanaka-minoru-fake:20200205214929j:plain

「立ち呑み布袋でもう一杯」by とく村長 まんがタウン 2020年3月号 p127 双葉社

 

ちょっとググったところでは「秋が旬」とする説も多いのですが、季節によって大きな違いは無いようですね。まぁそりゃそうでしょうね、スーパーも精肉店も年中同じように売ってますから。

一方で魚介類や野菜には明確な「旬」がありますよね。いくら一年中手に入る時代とはいえ、やはり本来の収穫時期のものの方が味も良いでしょうし。そういえば、肉でも「ジビエ」の類は旬があるっけか。狩猟が解禁になるのは、その動物の肉が一番おいしい時期でしょうからね。

限定やら旬やらで、個人的にすぐ連想するのは「抹茶味」モノです。抹茶そのものがすごく大好きだというわけではないんですが、コンビニスイーツ等で抹茶モノが出始めると、とりあえず「抹茶シュークリーム」あたりには手を出してしまいます。和菓子でも最中などは、中身が普通のあんこよりは「抹茶あん」、あと「うぐいすあん」「ゆずあん」といったものが好きかも。いえまあフツーのあんこも「つぶあん」「こしあん」「小倉あん」とそれぞれの良さがありますし好きですよ。特に中年になってからはね。

 

それはさておき「布袋」さん。前回の掲載(1月号)では「ゲスト」扱いでしたが、今回は目次に「シリーズ連載」の文字が!めでたし!…いやホントはそりゃ「新連載」の方がいいとは思うけど、まあとりあえずは「3乙」でなくてよかった。今後が楽しみ。

店長さん考案の「期間限定メニュー」、細かくは描かれていないけど「旬の無い豚肉」と「旬のある野菜」の組み合わせはなかなか秀逸(あ、ネタバレ?)。試作の味はともかく、レシピを考えてつくる能力って正直すごいと思います。

あと「しろたん(アザラシのキャラクター)」推しの作者さん、なにげに「シロ タン」を仕込んできてる…焼いちゃってるけど(笑)。

さて、次回は何月号に載るかな?頑張って12話掲載出来れば単行本化が待ってるかも。期待してます。