田中実(偽)の日記

「始めては閉鎖」を繰り返して、何度目かのブログ開設。

「残酷で無慈悲な現実」が、人間に神という妄想をつくらせたのかも

「神を頼んで偶然生き残った人間たち」が、その意味付けを強固にしてしまう。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170806064208j:plain

「アテナの初恋」by 縞はるひ まんがタイムスペシャル 2017年9月号 p157 芳文社

 

 

今回のお話はとても良いものでした。ちょっと考えさせてくれます。

悪気はないけど忘れちゃうこと、あるよね

もちろん忘れられることもありますし。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170805064502j:plain

NEW GAME!」by 得能正太郎 まんがタイムきららCarat 2017年9月号 p13 芳文社

 

 

そして忘れたふりをすることも、歳を経ると多くなってきたり…。

「あれー?そんな約束したっけー?」

いや、いけないことなんですけどね。わかってますけどね。

出かけるまではいろいろ理屈をつけても、結局見に行くと「良かったね」ってなるのが花火

まあ人混みで不快な思いをすることも多いけど。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170804060910j:plain

「ばうんさーず」by 犬上すくね まんがライフSTORIA vol.25 p169 竹書房

 

 

今年はまだ(もう?)1回。どちらかというと遠くから見るほうがスキ。

このほむほむのセリフに「やべえ…」とつぶやいたのは私だけではあるまい

確かに最近「新しい物」を避ける傾向にあるかも…。

 

f:id:tanaka-minoru-fake:20170803062755j:plain

巴マミの平凡な日常」by Magica Quartet×あらたまい まんがタイムきららフォワード 2017年9月号 p333 芳文社

 

 

とりあえず何から始めようか、新しい物の導入。

そばぼうろは大好物です

手裏剣型、いいなぁ。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170802064909j:plain

「お役所忍務のススメ」by 青山六郎 まんがタイムスペシャル 2017年9月号 p143 芳文社

 

 

伊賀の忍者モノ土産って、なんか固いセンベイみたいなのとか、肝養漬?とかいうのは見たことがあります。

手裏剣ぼうろがあったら買うね、きっと。

いわゆる「紳士の社交場」というヤツですかな

スケベであること自体はオトコのポテンシャルのひとつです。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170730202248j:plain

「異なる次元の管理人さん」by 榊 まんがタイムきららCarat 2017年9月号 p180 芳文社

 

 

「既婚のオトコ同士」でないとできない話もあるよね。

あと「子持ちのオトコ同士」とかもね。

西洋音楽だけで育った人間には理解できないかもね

私も最初は相当困った記憶が…場数を踏む以外ない気がする。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170730200941j:plain

「はやしたてまつり♪」by 高坂曇天 まんがタイムきららCarat 2017年9月号 p158 芳文社

 

 

神楽の奏楽なんて、西洋音楽でどれだけ優秀な人でも、そうそう簡単に習得できないと思います。

あ、ジャズ畑の人ならできるかもね。