ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

「体の相性」を全否定するつもりはありませんが、ときに「這い上がれないほど深い落とし穴」にはまるキケンがある点は認識しておく必要が…。

f:id:tanaka-minoru-fake:20190806143204j:plain

「丸先生の○○がかわいい。」by ノッツ まんがタウン 2019年9月号 p68 双葉社

 

女性側が「体の相性を試したい」という意識をもっていればまだよいのですが、往々にして「捕まえたっっ!もう離さへんでぇっっ!!」みたいなのがいますからね。まあヤロー側にも「味見自慢」を吹いてまわるヤツがいますから、なんにしろ慎重に…。

愛だの恋だのというと男女の「目的地」が違いすぎるので(「愛人」と「恋人」とか)ある程度人生経験を積むまでは、色恋にどっぷりというのはマイナスが多い気もします。いやまあ人それぞれですから、プラスの作用があることも否定しませんよ。でも「取り返しのつかない失敗」が転がっている道ですから、なんにしろ慎重に…。(2回目)

そもそも「面倒になったら」という状況が、普通なかなか無いような気もしますけどね。うん、気がするだけです。

 

そんな丸先生。大事なことは「友達とお喋りする」こと。結論なんて求めちゃダメなんですよね、たぶん。だからヤロー同士では間違ってもパジャマパーティはできないのです。居酒屋で理屈をこねるのがお似合いです。そうです、たぶん。

あと次回への引っぱり方がちょっと気になる。はてさて何が襲来するのかな?