ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

私自身はその「珍しい方」でしたね。もっとも当時思い描いていた進路からは途中で脱線してしまいましたが。

f:id:tanaka-minoru-fake:20190711124729j:plain

「みゃーこせんせぇ」by 阿部かなり まんがタイムきらら 2019年8月号 p159 芳文社

 

子どものころから「○歳にはどうなって…△歳にはこうなって…」と、将来のプランをノートに書いたりしているヤツでした。正確にはいまでもそういうところがあって、ある意味「将来の自分を夢想する症候群」の患者といえるかもしれません。

もちろん、そのときどきの「将来ビジョン」は、その時点では自分のベストな未来像であったわけで、そう考えると「挫折の記録」なのかもしれませんね。

前にも書いたように、10年周期くらいで「大きく舵を切る」人生を歩んできていますので、現在の自分の姿は「過去のどの自分も想像できない未来像」ではあります。やっぱり人生って面白いものだなぁ…などと感じています、まさにいま。

 

そんなこんなでなんと次回で最終回だと?のみゃーこせんせぇ。スラップスティック系の4コマはキライじゃないですが、きらら本誌に連載中の作品をムリヤリ「ランキング」などしようものなら、自分の中ではあまり上位ではなかったのも事実です。もちろんキライってんじゃないですよ。順位を付けちゃうと…ってことです。

ただ、やはりきららという「月刊誌=雑誌=(いろんな作品が読める)オムニバス」においては、ぜんぶがスタープレーヤーというのではなく、バランス的なものが大事になると思うので、そうはいっても終わってしまうのは寂しいものではあります。

作者さんがツイッターで「ちょろっとアニメ化の可能性もあった」と書いてましたが、あくまで個人的には「いやいや、あなたならもっと面白くてもっとアニメ向きでもっとステキな作品が描けるでしょうよ?」とは思ったりしてたりします。いえだから別にみゃーこせんせぇのアニメ化に反対だというのではなくてね…。

…と、ここまで書いて「アニメ化」というテーマについて長文を書きたくなってきたのですが、まあ今回の更新ではそこまで掘り下げずにおこうかな?と。

それにしても新地はオモロイ。いいキャラだ。で、ちょっと私にも似てるwww。