ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

10代の頃、基地のある街に住んでいたことがあります。基地祭の愉しみはやはり「アメリカンなフード」でしたね。基本「ぜんぶデカイ!」

f:id:tanaka-minoru-fake:20190709103459j:plain

「ツーリンガール!」by 凪水そう まんがくらぶ 2019年8月号 p81 竹書房

 

自衛隊の基地祭も何度か行ったことはありますが、そこそこ楽しめる&安心感&勉強になるというレベル。それはそれでよろしいのですよ。でもベース(米軍基地)の「非日常感」はやはりケタ違いですよね。

戦争を肯定するつもりは毛頭ありませんが、自衛隊在日米軍も「いざというときは命をかけて戦い、私たちを護ってくれる」存在であることは、常に意識しておきたいと思います。個人の意見です。つまり立場上の建前ではないのです。

「オレたちが命懸けで護る人々(=私たち)」とのつながり(接点)が、基地祭の存在意義だと思うので、地元の人は是非行くべきだと言いたい。面と向かって言わなくても、基地を訪ねることが「感謝の気持ちの伝達」になるんじゃないかな。

警察や消防もそう。自分たちではできない「悪とたたかう」「火事や災害からまもる」ということを、仕事とはいえときに命懸けでやってくれるのですから、接点が設けられたら足を運ぶのが大事だと思います。

 

ともあれツーリンガール。今回はツーリってないけどね。お兄ちゃんがハイテンションでなんかカワイイ。国内で手に入らないエナドリとか飲んでみたいなぁ。あと…キャンディ・キャンディネタとかまたアレなものを(含笑)。