ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

女性のワガママは往々にして「インコース低めギリギリ」を攻めてくるので、迎え打つのはなかなかの「試練の道」だったりします。

f:id:tanaka-minoru-fake:20190115020130j:plain

「さかさまロリポップ」by 春日沙生 まんがタイムきらら 2019年2月号 p139 芳文社

 

「絶対ムリ!」な要求じゃなくて「ムリすれば可能?」な要求を、絶妙なタイミングで投げてきますよね。あれはもはや「女性の本能的なヤツ」なのかもしれません。

実際に遭遇したことはありませんが、「夫婦ゲンカで逆上したニョーボが、泣きながら皿を投げてくる」ときも、一説では「投げて割れてもイイ皿、投げても割れない皿etc.」を無意識?のうちに判別して投げるそうです。いえホントかどうか知りませんが。

なんにしろ、女性の計算能力というか、駆け引きの上手さというか、そういうのって年齢関係ないのかな?と思ったりも。ウチもムスメがいますが、実にしたたかに「そういう能力」を発揮してきます。ちなみに私の場合は「わざと大げさに見せつけるようにニョーボを甘やかして」見せて、娘には「そういうワガママはダンナを捕まえて聞いてもらえ!パパはママで手一杯だよ!」というやり方でかわしています。ムスメの未来のダンナには申し訳ないかなとは思いますが(笑)。

 

ともあれロリポップ。懐かしの「芸能人は歯が命」というフレーズですが、いまの若い人は聞いたことがあるという程度で、当時のCMとか知らないようですね。さておき、芸能人に限らず「白くキレイで歯並びが良い」ことは、イメージパワーがすごいらしいです。それこそホントかどうか分かりませんが、アメリカの大統領選挙でトランプがヒラリーに勝ったのは「歯のキレイさ」だという説を読んだことがあります。また「口を開けたときに見える歯や舌などは、他人から見える唯一の内臓」という話もあり、なんというか「人格の推測材料」にさえされてしまうことに、ちょっとショックでした。

残念ながら、私はお世辞にもキレイな歯ではないので、そういう話を聞いてしまうと「なんとか歯を見せないようにする方法がないか」と考えてしまいます。まあほぼほぼ無理なんですけどね。