田中実(偽)の日記

「始めては閉鎖」を繰り返して、何度目かのブログ開設。

ネット情報は「玉石混淆」ですからねぇ。

火の無い煙も多くて要注意です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170916115323j:plain

ブレンド・S」by 中山幸 まんがタイムきらら 2017年10月号 p59 芳文社

 

有益な情報もあるので、全否定もできないのがネットの医療情報です。以前、めまいに悩まされたとき、ネットで見つけた簡単な体操みたいなヤツ(エプリー法だったと思います)のおかげで、いとも簡単に治ってしまい、正直「ネットありがたや」という経験もしてますから。

ただ、当然「ニセ情報・ウソ情報」も相当出回っていますので、それを見分ける能力が無い人には「毒にしかならない」のも事実です。まあテレビなどのマスコミ情報にも、そういう「毒情報」は混入しますので、ネットだけ気を付ければよいというものでもありませんけどね。

いまはあまり聞きませんが、虫歯の痛みを「今治水」でごまかしていると、悪化した挙句「脳腫瘍になる」というウワサが流れた記憶があります。虫歯と脳腫瘍の関係は無くもないようですが(よく知りませんが)「今治水」がワルモノにされていたのはちょっと気の毒。ホントに痛いときの鎮痛剤は、まさに救世主というかありがたいものです。

 

台風が気になる週末ですが、大きな被害が出ないことを祈るばかり。中止になったイベントも多いことでしょう。準備等に頑張ってきた人たちの気持ちを考えると、何とも言いようのない気分になりますが…。

さておき、昔どこかで「被写体がすべて目をつぶっている写真集」というのを見た記憶があります。著者の意図も文章で読んだような気がするのですが忘れました。この4コマのネタにある「女の子に顔を背けられること」と同じくらい、見ていて何か不安のようなものを感じましたっけね。