ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

2018-07-01から1日間の記事一覧

私の思考回路も「いただいたものはちゃんと食べたり使ったりする」主義です。

「こっちへ」by 祥寺はるか ゆるゆりコミックアンソロジー VOL.7 p72 一迅社 もともとプレゼントはスキな人間でして、お返しで相手が気に病むという思考回路は持ち合わせていませんでした。だから純粋に「食べてみてよ」「使ってみてよ」とプレゼントしてい…

もう少しフルいと「アッと驚くタメゴロー」になるんでしょうかねー。

「正義ノ花道」by ウロ まんがタイムきららCarat 2018年8月号 p123 芳文社 個人的に違和感を感じないところは、もういつの時代というには古いということで、すっかりオヤジな自分を再認識せざるを得ません。ビックリぽんです(笑)。 コトバのリズムでこれに近…

その場にいない人の「悪口と噂」が出ない飲み会は、正直「稀」ですよね。特に職場関係では皆無かと。

「ケムリが目にしみる」by 飯田ヨネ まんがタイムオリジナル 2018年8月号 p52 芳文社 ただ多少の地域性はあるかと思います。関西方面では「そんな話やめえや。サケが不味なるやん」と、飲み会での悪口をヤンワリ(?)たしなめる雰囲気がありました。あ、本気…

「頑張りを見せるのはダサい」という美学をもっている男性は、近年めっきり減ってきたような気がします。

「ひとりで飲めるもん!」by コナリミサト まんがタイムオリジナル 2018年8月号 p44 芳文社 ちょっとニュアンスは違いますが「武士は食わねど高楊枝」というように、実情をさらけ出さずにおくことも、ある意味「美学」と言えるかと。 要は「大人は大人らしく…

ボールペン型カメラとかもですが、相手に気取られず記録を残すグッズに、個人的になぜか昔からとても心惹かれるのですよね。

「キルミーベイベー」by カヅホ まんがタイムきららCarat 2018年8月号 p20 芳文社 念のため言っておきますが、盗撮系が趣味という人間ではありませんよ。念のため。 単に「記録マニア」的なヤツでして、職場なんかの団体旅行では、人一倍写真を撮りまくる輩…