ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

人生は「複利」だと気付くのに時間がかかりすぎました。どんなにわずかでも「プラスの結果」を出し続けられるようにガンバろう。

「社畜さんと家出少女」by タツノコッソ まんがタイムきららMAX 2019年6月号 p46 芳文社 「プラス」がちょっとずつでも、続ければベストな結果に近づけるはず。大きなプラスを出そうと欲をかくと、大きなマイナスが待ち構えていたりするので、かえってベスト…

冷凍のシーフードミックスやミックスベジタブル、ニンニクの芽などは、独身一人暮らしの強力な味方です。

「めんつゆひとり飯」by 瀬戸口みづき まんがライフ 2019年6月号 p17 竹書房 以前ブログにも書きましたが、よく作ったのは、炊飯器でご飯を炊くときに「ミックスベジタブル適量とシーチキン1缶、コンソメ1個を入れるだけ」の簡単ピラフモドキです。あと乱…

定年まではまだずいぶんあるんですが、最近「早期退職」をちょっとだけ考えていました。でも実行に移した先にあるものが予測できる年齢なので…。

「ひだまりスケッチ」by 蒼樹うめ まんがタイムきららCarat 2017年8月号 p70 芳文社 転職経験は3~4回あるんですが、当時はまだ若かったし、最初の3回はまだ独身だったし、子どもが生まれてからいまの仕事に変わって、それ以来ずっとですからね。子どもが…

「正しくない努力」や「無意味な苦労」を重ねている人ほど「報われない我が身を呪う」傾向が強いかもね。

頑張ったら何とかなるかもしれない。ならないかもしれない。でも頑張らないという選択肢を選んで、みすみす「頑張ったら何とかなった!」という未来を手放すのは、つまらない人生だと思うのですよ。 とはいえ、あまりピント外れな努力ばかり続けていると、い…

ときどき見失うけど、やっぱり「一生懸命の大切さ」を、自分の価値観の真ん中に据えておきたいと思うのです。

「しょうこセンセイ!」by なじみ まんがタイムきららMAX 2018年6月号 p179 芳文社 単行本も出ている作品なのに、いきなり新連載第1回からヒトコマ引っぱってきてしまいましたが、なんとなく新年度スタートの時期だしやっぱこのコマかなって。 人間が成長す…

仕事やら何やらがヘヴィな状況になると、つい「エンタメ断ち」をしがち。でもたぶんそれって逆効果で、ホントは「エンタメでリスタート」すべきなんですよね、きっと。

「ちこはゲーセン一番星!」by とく村長 まんがタウン 2019年5月号 p172 双葉社 …ゲーセンはいま住んでいる周辺にはありませんが(それこそクルマで1時間とか:笑)。 でも「忙しくてセッパ詰まった状況でも、なにかしらの強制的なブレイクタイムをもつ」必…

「好きか嫌いか」と「良いか悪いか」。個人的には「自分ならどっち?他人に勧めるならどっち?」という尺度がケッコウ大事です。

「良倉先生の承認欲求」by G3井田 まんがタイム 2019年5月号 p59 芳文社 「自分がどうしたいか?」「自分はどう思うか?」って、いとも簡単に見失うことが多いんじゃないでしょうか。少なくとも私はそうです。そうでした。 ただ、年を取ってくると、自分のな…

しっかり時間かけて取材したのに、ほとんどオンエアにノせられなかったときは、次会うときにものすごいプレッシャーを感じます。

「歌詠みもみじ」by オオトリキノト まんがホーム 2019年5月号 p156 芳文社 さすがに面と向かって苦情を言われることはそう多くないのですが、やはり「ちょっと短くねー?」というオーラを感じることが…。 それでもまだ地上波の報道や制作くらいなら、撮られ…

「言葉にするとウソに染まる」という歌詞がありましたが、個人的にそれは正しいと思っています。

「おにいちゃんと呼ばないで」by 桐原小鳥 まんがタイムスペシャル 2019年5月号 p38 芳文社 よく家内にも「ちゃんと話をしようよ」って言われるんですが、タイトルにあるように「言語化すべく思いを整理すると、そこにウソが生じる」ことを感じてしまうので…

「喫茶店をやりたい」という想いは、私も学生時代からずっともっていまして、ホントにこの店長のセリフみたいな「誰かの居場所をつくりたい」という気持ちでしたね。

「まちカドまぞく」by 伊藤いづも まんがタイムきららCarat 2019年4月号 p23 芳文社 学生時代はほぼ毎日と言っていいくらい喫茶店に入って(入り浸って)いました。 大学の門の前にあった喫茶店に行けば、大抵知り合いの誰かがいたし、たとえいなくてもマス…

「甘党男子」にとって、そのテの店に1人で入ることは「まさに修行!」だと思います。私もそうです。

「パンケーキ奇想曲」by よはち まんがライフ 2019年4月号 p39 竹書房 あ、私は「甘党ジジイ」と成り果ててしまっていますが…。 洋菓子店とかデパチカとか、買って帰る店の場合は「訪問先への手土産」とか「家族のおつかい」みたいな顔が出来るのです。でも…

就業時間内で仕上げられるクオリティで自分の仕事を回していけるのが正しいとは思うのですが、どうしても「自主残業」が増えがちです。反省。

「ハニトラなんか怖くない!」by 東屋めめ まんがタイム 2019年3月号 p106 芳文社 朝早く出てきて…というのは年に数回ですが、いったん帰ったフリしてこっそり職場へ戻って「自分の仕事のクオリティを上げようとモガく」ことは週に何回かはあります。てか、…

「年の功より…」といいますが、漫然と齢を重ねた人より「恥と失敗」も重ねた人の方が人間的な魅力は大きいですよね。

「渚は太陽をひとりじめ」by 山東ユカ まんがタイムスペシャル 2019年3月号 p22 芳文社 もちろん恥や失敗が全部糧になるとは言いませんが、安全安泰なルートばかり選んできた人は深みの無いタイプが多いかも。とはいえ「恥と失敗」をあまりに重ねすぎてしま…

このななこさんの言葉のウラには「釣られた魚であってもエサを得るべく活動するのだ!」という意気込みが…って深読みしすぎ?

「ななこまっしぐら!」by 小池恵子 まんがライフ 2019年3月号 p144 竹書房 本編を全部読むと、そこまでの考えは無いと思われるのですが、最初にこのコマを見たときに反射的にそう受け取ってしまいました。やはりワタシもニョーボからのプレッシャーを無意識…

女性のワガママは往々にして「インコース低めギリギリ」を攻めてくるので、迎え打つのはなかなかの「試練の道」だったりします。

「さかさまロリポップ」by 春日沙生 まんがタイムきらら 2019年2月号 p139 芳文社 「絶対ムリ!」な要求じゃなくて「ムリすれば可能?」な要求を、絶妙なタイミングで投げてきますよね。あれはもはや「女性の本能的なヤツ」なのかもしれません。 実際に遭遇…

バスタオルだけは気に入ったものをボロボロになるまで使う派です。ちなみにいまは「今治タオル」を愛用しています。

「新婚のいろはさん」by ÖYSTER まんがタウン 2019年2月号 p126 双葉社 実際いまのタオルも「いやいやもう限界でしょ」というくらい使い倒しているので、そろそろ(もうとっくに)次のタオルを調達する必要があるのですが、何点か試したものが全部私の要求に…

確かに「恥ずかしさでは死なない」でしょうけど「恥」にもいろいろあると思いますね。

「菓子男リノベーション」by 胡桃ちの まんがホーム 2019年2月号 p98 芳文社 よく「ウサギは寂しいと死んじゃう」って言いますが、人間の場合「オトコは恥ずかしいと死んじゃう」場合があるかも。あ、別にオンナは恥に鈍感だと言いたいわけじゃないので誤解…

「済んだことは済んだこと」と「省みてこそ成長がある」と、当然それぞれメリット・デメリットがありますが、いわゆる「戦犯探し」をしたがる人はスキくないです。

「世界征服Girls」by 武シノブ まんがタイムきらら 2019年1月号 p190 芳文社 マウント取りたがるタイプですね。自分は戦犯に問われないと分かっているから出来るんでしょうが、そういう人ってたいてい「負けの原因になるようなことはしていないけれど、勝つ…

道北に住んでいたことがあります。ただ夏は居なかったので「観光客が押し寄せる夏の北海道」とは無縁でしたね。

「巴マミの平凡な日常」by Magica Quartet×あらたまい まんがタイムきららフォワード 2019年2月号 p364 芳文社 食べ物の思い出は…無くはないかな、という程度。北海道といえば本作でも出てくるように「海の幸」がかなり重要なポジションなのですが、内陸だっ…

無事あけましたね、おめでとうございます。今年はぼちぼちペースでも中断せずにいきたいですね。

「おにいちゃんと呼ばないで」by 桐原小鳥 まんがタイムスペシャル 2019年2月号 p55 芳文社 さて、年末のウイルスアタックもかいくぐって、とりあえず我が家のインフルエンザ蔓延は収束しました。なんとか罹らずに済みましたが、予防接種も今更感があって(…

タレントのコロッケさんが本にした「あおいくま」。偶然の一致でしょうけど「私の言葉」です。ホントです。

「きっと愛され女子になる!」by 瀬戸口みづき まんがタイムオリジナル2019年2月号 p16 芳文社 有名人が「母が教えてくれた言葉」として本まで出している以上、何を言ってみたところで何の意味もありませんが…。まぁそういうことを垂れ流すブログだというこ…

普通の神社はどこも台所事情はかなりキビシイはずなので、御神楽で参拝の人(≒奉納金)が増えるならウレシイでしょうね。

「かぐらまいまい!」by あひる まんがタイムきららCarat 2019年2月号 p84 芳文社 私が関わっている神社ではありませんが、毎年テレビのニュースになるところもありますからね。何度か行ったこともあるんですが、けっこうな人数のお客さんでした。それに舞自…

快適な乗り心地を標榜している乗り物より、多少スパルタンな乗り物の方が酔わない気はしますね。

「鉄道少女ふたり旅」by 山口悠 まんがくらぶ 2019年2月号 p182 竹書房 子どもの頃は「車輪で走る乗り物全般」に弱くて、旅行とかケッコウ憂鬱でした。校外学習とかのバスは、なるべく前の方に座らせてもらいましたが、それでも具合が悪くなることが多かった…

断言はしませんが「男性が女性より経済力で劣位である関係」は、おそらく双方とも不満を感じる不幸な関係になりがちだと思います。

「可愛い上司を困らせたい」by タチバナロク まんがタイムスペシャル 2019年1月号 p6 芳文社 とか何とか言ったところで、私も実際「ニョーボよりかせぎの悪い亭主」だったので、エラそうなことは言えませんが…。 子無し時代は、相当「甲斐性なしの自分」に悲…

認めたくないのですが「ひきずるもの」なのは事実です。何十年も前に郵便で送られてきた「三行半」をいまだに保管してたりします(血涙)。

「めんつゆひとり飯」by 瀬戸口みづき まんがライフ 2019年2月号 p21 竹書房 「いつか笑い話になるんだろうなぁ…。」と思いながら、つい捨てられずに取っておいたのですが、かえって「いつまでも笑い話にできずにいる」原因になってしまっているのかも。うん…

この年齢になってから持ち家は無理なのですが、もし建てるなら「サーマスラブ(基礎に熱源を仕込む床下暖房)」は是非とも導入したいなぁ…と「夢」を見ています。

「新婚のいろはさん」by ÖYSTER まんがタウン 2019年1月号 p29 双葉社 生まれてからこのかた、ほとんどが「借家住まい」でしたので、心のどこかで「持ち家へのあこがれ」はあるものの、何となく「気楽な賃貸生活」に身体はなじんでしまっています。 いまだ「…

先日宴席で「ノンアルビール」を飲んでいた私のグラスに、誰かが「普通のビール」を注いだらしく、その後しばらくと翌日をスゴいダメージ下で過ごすハメになりました。…許さんっっ!!

「スナックあけみでしかられて」by 松田円 まんがホーム 2019年1月号 p74 芳文社 命にかかわることではなかったとはいえ、正直「やべぇ…オレ死ぬの?」と思うぐらいのめまいと気持ち悪さでした。もともと酒は飲めたし、特にビールは嫌いじゃなかったので、飲…

手合わせでどれほど「今度という今度はヤバイ!」と思っていても、本番の御神前で神楽を舞うときには「脳内まっしろ」「頭ふわふわ」のまま何とか上手くできちゃうんですよホントに。

「かぐらまいまい!」by あひる まんがタイムきららCarat 2019年1月号 p149 芳文社 別に神職でもないのですが、一応地元の神社(?)で御神楽に関わってたりします。舞える神楽は…5座(5種類)だけですが。 「ヤローの舞なんて見たくもない」人も多いでしょ…

こういう「ウエストを絞ったときにできる服のシワ」にフェチを感じるのは私ぐらいでしょうか(笑)?

「泉さんは未亡人ですし…」by 板倉梓 まんがライフSTORIA vol.33 p64 竹書房 「服のシワにこだわるマンガ家さん」といえば、個人的にはきたがわ翔先生が筆頭なのですが、そこまで細部にわたってリアルでなくても、こういう「パーツの描き込み」だけでも、十…

20歳はともかく、一回り下くらいなら「ちゃんとした大人」のオトコであっても、手を出す人は多いと思いますねぇ。

「きっと愛され女子になる!」by 瀬戸口みづき まんがタイムオリジナル2019年1月号 p87 芳文社 てか、ハタチくらいの女子には「一回り年上」くらいの方が「頼りがいもあるしスキ」というコもちょくちょくいた気がします。(「頼りがい」には経済的な意味も含…