ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

「若いころの苦労を押し売り」する人は、たいてい「その程度の苦労?」と言いたくなる苦労しか経験していないものなんですよね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180909141251j:plain

ラディカル・ホスピタル」by ひらのあゆ まんがタイムオリジナル 2018年10月号 p4 芳文社

 

本当に苦労した人は「オレはラッキーなことにあの苦労を乗り越えられたが、乗り越えられなかったヤツもいるはずだ」と考えて、必要のない苦労を押し付けるようなマネはしない、と私は考えるのですよ。

時代によって苦労の形は変わってきているわけで、年長者からは「楽してるなー」と見える中にも、やっぱり苦労はあるはず。そこへわざわざ「古い時代の苦労」のトッピングを掛けてやる必要なんてないんですよ。

「いっちょ揉んで(鍛えて)やるか」と無意味な負荷を掛ける年長者は、そのせいで若手が潰れても、たぶんフォローも反省もしないんでしょう。「近ごろの若いヤツはヤワだなぁ(笑)」とか言って。

 

うーむ、ちょっとネガティブなブログ記事が増えてきたなぁ。反省反省。

 

さておき、いまや芳文社4コマの重鎮、単行本も34巻という本作品。個人的には「4コマらし過ぎてちょっと…」という時期もありましたが、ここ数年はやはり面白くて良い作品だと感じています。

私自身がそこそこ年齢をとって、いくらか嗜好が変わってきているのかもしれませんね。最近になって「島耕作シリーズ」がオモシロいと思えるようになったくらいですから。そういえばこの作者さんは「お仕事モノ」がほとんどじゃないかな?自分の「苦労」もネタに混ざっているんでしょうね。

PEARLの「記憶をよびおこせ」という超名曲があります。いまの自分では聴くのがツライ曲です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180904122811j:plain

「おうちでごはん」by スズキユカ まんがライフMOMO 2018年10月号 p120 竹書房

 

「自分にウソをつくことほど、あとになって高い代償を払うハメになることはない。」というのが、かつての座右の銘でした。

気がつくと「自分にウソをつくことが上手な人間」になっている。本当にオソロしいことです。

いま、どうすればよいのか分かりませんが、少なくとも「いま自分にウソをついているという自覚」だけは、持ち続けて生きていきたいものです。

 

他人との無用なフリクションを生じさせないことが、世間を渡っていくときには欠かせないテクニックなんでしょうが、本当に自分がやりたいことを抑え込んでまでそうする必要は、たぶんきっと無いんだろうと思います。必要が無くても何かをやってしまうように、必要が無くても何かをやめてしまうのも人間の性ではあるのですが。

 

今日は文章がヘンですね。自覚はあります。

何らかの創作に関わっている人なら、おそらく誰もが「…あるあるっっ!」と思っているはず。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180820125823j:plain

「合体アイドル!スノウちゃん」by ぷらぱ まんがタイムきららMAX 2018年10月号 p51 芳文社

 

チャック・ベリーが映画の中で「『天の下に新しいもの無し』だよ」と言っていましたが、ホントにそのとおりだなと思いながらも、もしかすると自分なら新しいモノを生み出せるんじゃないかというミラクルを心のどこかで信じてたりするんですよね。

 

個人的にこの作者さんのスキなところは、ストーリーに「ギョウカイあるある」とか「クリエーターあるある」を上手に混ぜてくるところです。確か記憶では、最初のうちはゲーム関係の仕事と2足ワラジだったとおもうのですが、なんだかんだでいまは漫画家一本で勝負されているようですね。ハタから見ているとまずまず順調のようですが、まるっきり一人での創作はケッコウな負担になってるんじゃないでしょうか。がんばっていただきたいものです。

「復活し得ない使い捨てカイロにお願いをする」のと同じようなことを自分はしていないか…考えさせられるネタです。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180820065803j:plain

「もうだめかもしれない」by かにかま まんがタイムKRコミックス 第1巻 p50 芳文社

 

いえ作者さんが何を考えてこのネタを描いたか分かりませんが、少なくとも私には「ウサギが転げるのを待つまちぼうけ考察」とか「使い捨て文化へのアンチテーゼ」とか、また「信仰や宗教やスピリチュアルがやろうとしていることの限界」とか、いろんなことを勝手に考えてたりするんです。

 

さて続報が聞こえてこない本作品ですが、作者さんの近況がつかみにくいと思ってたら、どうやらもっぱらtwitterあたりが現在の主戦場なんでしょうか?よく分かりませんが。でもそうは言ってもなかなかに稀有なセンスをお持ちですので、どこかでまたそのセンスを爆発させていただきたいものです。

 

私は夏中ノンストップワーキングでしたが、世間一般では今日から仕事とか学校が再開されるところが多いようですね。twitterあたりで響く阿鼻叫喚が…。

「時代に翻弄される」とは、実はこういうことかもしれないなぁ。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180818062401j:plain

「となりのレトロガール」by 小坂俊史 まんがタイム 2018年9月号 p67 芳文社

 

さまざまな「思惑」が作り上げた「正体の無い価値」を、その時代に生きる人々が「これこそ宝物」みたいに信じてしまう。特に未来ある若者が。

まあ、ムズカシイ話は置いといて、バブル崩壊に向けて加速していく頃だと思うので、私自身もいろいろ思い出すことはあります。ちょっと今後の展開に期待してます、コワイもの見たさ的に。

それにしても、気がつくと「レトロ」も死語なんでしょうかね。あまり見かけなくなった気がします。

 

この作者さんは、竹書房系がメインフィールドだと思うのですが、こうして芳文社にも進出してきてくれるのはウレシイことです。いえ別に竹書房の連載もちゃんと買って読んでるんですよ。でもなんとなくタイム系にもしっくりくるというか、オモシロい息吹きを吹き込んでくれるというか。

さておきスタジャン。私も袖がレザーのいま思えばモノはイイけど高価なヤツを持っていました。一時期、そればっかり着てたんですが、ミドリ色だったので「ラクダの服はミドリ」というイメージが定着して困ったことがあります。たまに違う色の服を着てると「あれ、今日はミドリじゃないの?」とか言われたり(笑)。

「プリンセス・プリンセス」が解散するときに「バンドが死ぬ」という表現をしていて衝撃的だった記憶があります。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180817153300j:plain

「ぼっち・ざ・ろっく!」by はまじあき まんがタイムきららMAX 2018年9月号 p113 芳文社

 

何の雑誌だったかも覚えていませんが、確かドラムのきょんちゃん(富田京子)がインタビューで「プリンセス・プリンセス子ちゃんは、死んじゃうんです」と言ってたのがガーン!と来ました。そうか、死んじゃうのか…って。

解散を選ぶバンドがある一方、メンバーが脱退して続いていくバンドがありますよね。大御所では「ローリング・ストーンズ」はベースのビル・ワイマンが脱けましたし、「ボン・ジョヴィ」もやはりベースのアレック・ジョン・サッチが脱退してます。どちらかというと、メンバーチェンジをしてでもバンドが続く方が個人的には望ましいと思うのですが…。

ちなみに、好きなバンドを1つだけ上げろと言われると、たぶん「ドゥービー・ブラザーズ」になるでしょうね。ただ、学生時代からいろんなバンドを組んできたわりに、ドゥービーのコピーとかカバーって、なぜか一度も演ってないんです。好きな曲も、演奏したい(歌いたい)曲もあるのに。バンドメンバーにドゥービーが好きなヤツがいなかったのが理由かなぁ。

メンバーチェンジが激しいバンドだったので、どの時期がスキかが人によって分かれると思うのですが、個人的には再結成して「サイクルズ」をリリースしたときがベストですね。あのアルバムを聴くと、1曲目の「ザ・ドクター」のギターが鳴った瞬間から、ホントに脳内にアメリカ西海岸の青空が広がる気がします。

 

さておきぼっちちゃん。バンドってイキモノだから、メンバー同士のコミュニケーションが大事なんですが、全員じゃなくて「1対1」のときにじわじわとバンドとしての結束が強化されていく気がします。一番しっくりこないメンバーが、実は一番スキなバンドが一緒だったこともありましたし。よく「化学反応」とか言われますけど、言い得て妙だと思いますね。

ちなみに、私も作詞経験はありますが、バンドではボツでした。作曲はまずまず好評だったんですが…(笑)。

タバコも酒もやめられましたが、コーヒーはなかなかやめられませんね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180817090156j:plain

「新婚のいろはさん」by ÖYSTER まんがタウン 2018年9月号 p30 双葉社

 

妊婦さんはカフェインを避けた方がよいと言いますが、カフェインを摂りすぎている男性が仕込んだ子供も、多少なりとも影響を受けるらしいと聞き、一時期カフェイン断ちをしていたことはあります。いま思えば、我ながらよく我慢できたなと。

紅茶や緑茶もカフェインがかなりの量含まれているそうなんですが、どういうわけかコーヒーの代わりにはならないんですよね、私の場合。

そういえばずっと昔、プレイヤーマガジンか何かで紹介されていた海外のミュージシャンに「ヘヴィスモーカーでほぼ肉しか食わなくて、かつ大量にコーヒーを飲む」人がいたのですが、それが誰だったか全然思い出せなくてずっとモヤモヤしてます。ググってもイマイチ情報が引っかかってこないし…。いえだからどうということはなくて、ただ自分がミュージシャンになるなら酒やドラッグに溺れるよりこんな人間になりたいかな、と。

 

さておきいろはさん。あいかわらずの新婚さん的な日常でなによりです。はなまるです。

ところでいろはさん。前からときどき「肩が片方だけの服」を着てることがあるんですが、なぜなんでしょ?作者さんのリアル奥さまがそういう服がスキでよく着ているとか?