田中実(偽)の日記

「始めては閉鎖」を繰り返して、何度目かのブログ開設。

写真1枚添付するだけで「激重」になった時代もありました。

未圧縮で1MBくらいでも、受信に2時間もかかったんだよね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170821091049j:plain

「感染!ウイちゃん」by かわのゆうすけ まんがタイムファミリー 2017年10月号 p133 芳文社

 

 

まだまだインターネットよりパソコン通信が主流だったので、画像というものをオンラインで扱うことが一般的ではなかったのですよ。テキストベースってやつですかね。

メモリーカードも2MBとかがフツーでしたっけ。大昔です。

メール添付で写真を送るなんて、よっぽど慎重にやらないと大変な迷惑になったんですよね。昔話です。

 

ちなみに、ウイルス対策ソフトはいろいろ使ってきましたが、ここ数年はESETばかりです。ノートン先生ウイルスバスターもよかったのですが、やはり動作に少なからぬ影響を感じてました。ESETは相性が良かったのでしょう、そろそろ4年目になります。性能面等、大きな不満もありませんし。

あ、しいて言えば「起動時のアンドロイドだかサイボーグだかの顔がちょっとコワい」ところが不満ですが、起動時のスプラッシュウインドウをオフにすれば済むことですからね。

名前は忘れましたが、一時期中華系のソフトだかで、アンインストールしようとすると萌え系キャラが「お願い」するというのがありましたっけ?あれに比べると、無機質でちょっとコワいESETのキャラクターは、ソフトの性格が現れているのかも。

「乳、大きいが由に尊からず。母乳が沢山出るを以って尊しとす。」

本当の価値は目に見えないところにあるのじゃよ。ほっほっほ。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170820060104j:plain

「しょーがくせいのあたまのなか」by 石見翔子 まんがタイムきららMAX 2017年10月号 p133 芳文社

 

 

まあ身体的コンプレックスというのは、およそ誰もがもっているわけで、つまり「気にしていない」と言っていても「それについてあげつらう」という行為はやめておいたほうが無難ではあります。

あまり詳しくはありませんが「子供を母乳で育てた女性は、粉ミルクばかりだった女性より、乳がんになりにくい」らしいですね。免疫面等から母乳は赤ちゃんにもメリットは多いようですし。「母乳が出ない」という人もいるでしょうが、中には「形が崩れるのがイヤ」という、ある意味「本末転倒」な考え方をする女性も多いそうで…。やっぱり「母乳が沢山出る」のは尊いなぁ。

 

さておき、以前のデザインのスクール水着とか、ブルマとか、気がついたら過去のモノなんですね。そういえば最近の中高生って、学生かばん使ってないよね?ランドセルはまだ現役だとは思いますが。

自分たちの時代のデフォルトが、過去の遺物とされていくのは、なんとも変な気持ちです。

意外と「神道」と「仏教」の区別がつかない人、多いんだよ

明確でなくてもいいので、違うことは知っておいてほしいですね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170816141236j:plain

「はれーしょん!」by 和山花&まふゆ まんがタイムきらら 2017年9月号 p181 芳文社

 

 

どちらが良い悪いではなく、共存しながらきちんと区別していければ、と。

ただ、まったく個人的なことなのですが、線香の匂いが苦手なもので、どちらかというと神社の方が落ち着くかも。神道は清浄を旨とするせいか、あまり匂いのするところはないように思います。

 

さておき、映像制作をなりわいとしていた時期もあったので、この作品はちょっと関心があります。4コマまんがって、少年誌や青年誌の売らんかなストーリーものと違って、作者の思いが案外素直に出ていたりするんですよね。

 

そういえば、昔「Handy 99」というマンガがあったのですが、続編とか出ないですかねー。面白かったんだけど。

鳥がかわええのは、ギョロっと横目で見ることがない(できない)からかも

ほとんど白目が見えないからね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170816135343j:plain

ゆるキャン△」by あfろ まんがタイムきららフォワード 2017年9月号 p62 芳文社

 

 

「自分で飼っていた」といえる動物は、たぶんセキセイインコだけかな。あとは「家族がorウチで飼っていた」か「半ノラ」ですから。

ただ鳥ってけっこう凶暴だったりします。いや普段はそうでもないのですが、時おり内に秘めた凶暴さが垣間見えるというか。なまじかわええところがあるだけに、ちょっとギャップにビビることもあるんですよね。

 

さておき、映像や画像で「日の出」のシーンを見ると、半自動的にリヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」が脳内再生されます。純音楽が好きな人からはバカにされがちですが、名曲だと思います。特にカラヤンのグラモフォン盤。録音が良いです。

「結婚しよう」は、「好き」とか「愛してる」とかの延長線上とは違うところにあると思う

「結婚して子供つくってみようか」で結婚した実例もあります。私です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170816133225j:plain

「かなみ育成中!」by 田口ホシノ まんがタイムファミリー 2017年9月号 p67 芳文社

 

 

動物的にいえば、ツガイになってコウビしてコドモができてコソダテをしてスダチさせて…最終的に自分の遺伝子をもった子孫を残す活動なわけで。

つまり「そういう目的をかなえるために適した異性」との「パートナー契約」であると考えれば、必ずしも恋愛の延長線上になければならないわけではないと思うのですよ。いやむしろ恋愛以外の要素で判断したほうが良いかもしれない。

恋も愛もそりゃあ大事なことかもしれませんが、その先に「結婚」は据えない方が幸せになれるかもよ?

あ、あくまで個人的な意見です。声高に叫ぶ気も同意を求めるつもりもないです。ただもしそういうことで悩んでいる人がいるなら、参考になればなと。

目が見えることの幸せを実感できる瞬間ってあるよね

目や心に「焼きつく」って経験が多いほど、きっと豊かな人生だと思う。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170816062454j:plain

「あっちこっち」by 異識 まんがタイムきらら 2017年9月号 p67 芳文社

 

 

幼少期からあまり目が良くなかったため、何度か視力的にヤバかったことがあります。

そのくせ、映像関係の仕事もしてたけどね。

何年かに一度は「見えなくなったらどうしよう」という不安にかられます。もし失明したら何を楽しみに生きれば良いのか…と思って、目が見えなくても楽しめる趣味をリストアップしたこともあったっけ。

幸い音楽という趣味はもっていますが、本当に見えなくなると演奏が困難な楽器もありますからね。

 

「幻想的すぎて言葉にならない」というのとは少し違うのですが、最近間近で富士山を見る機会があって、その存在感には圧倒されました。あれは絶対写真や映像では伝わりませんね。

植物を育てられる人は、たぶん旅人に向いてないと思う

だから旅人は、そういう人に種を託すのかもね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20170815064143j:plain

棺担ぎのクロ。懐中旅話」by きゆづきさとこ まんがタイムきらら 2017年9月号 p92 芳文社

 

 

私自身は植物を育てられた記憶がない…小学校のアサガオもダメだったし。

完全に旅人気質と言えるでしょうね、人生行き当たりばったりですもの。

定住に向かない性格だと自分でも思っています。

さておき、柑橘類は好物です。食べるのもさることながら、何か匂いのするものを選ぶときは、基本的に柑橘系の香りを選んでしまいます。

最近は使いませんが、オーデコロンは「JPコロニア」という銘柄を愛用していました。モロにオレンジの香りです。