ヒトコマラクダの日記

日々読みふける4コマ誌から1コマ引用して日記にします。旧「田中実(偽)の日記」。

いい大学出てるとか金持ちだとか血統がイイとか服のセンスだとか、そんなことより「食べ方がきれい」な人がステキだと思います。

f:id:tanaka-minoru-fake:20181117144120j:plain

「もんもん」by 熊野みみ まんがホーム 2018年12月号 p157 芳文社

 

父がものすごく食事の作法にうるさくて、テーブルマナーは徹底的に叩き込まれました。当時はツラくてイヤだったけど、いまは本当に感謝しています。

いまでも覚えているモノもあれば、忘れてしまったモノもありますが、なかには「マナー(作法)そのものが変わってしまった」ようなモノもあったりします。

和食の作法は流派(?)で違うらしいのですが、個人的には「最初は汁もので箸をしめらす」よりも、「まずは主食のご飯をひと口いただく」方がスキです。たしか「小笠原流」だったと思います。違ったっけか?

正しいマナーで食事をするために「一番大事なコト」は、食べる側ではなくて「料理を出す側」にポイントがあると思っています。味の良し悪しとかじゃなくて「苦労せずに正しいマナーで食べられるようにサーヴする(盛り付ける)コト」です。和洋中問わず「直接口をつけてよい食器」「直接口をつけてはいけない食器」「そもそも手で持ち上げてはいけない食器」がありますが、それぞれの食器に合った料理が盛られていないと、正直悲しくなります。「どうやって料理のすべてを作法正しく味わえばよいのだろう…」と途方に暮れてしまうのです。

バイキングやサラダバーは、料理のスタイルとしてはあまりスキではありませんが、自分で「正しいマナーで食べやすいように」サーヴできる点では、キライじゃないです。

 

…さておき本作は今回も「★フレッシュゲスト!!」ですってよ奥さまっっ!?「歌詠みもみじ(by オオトリキノト)」もですが、一体どういう料簡でゲスト扱いなんでしょう!?まったくっ!噴飯ものですわっっ!!…いえホント理由が知りたい。

私の「好みや趣向」が変わると「幻滅した!」と言ってくる人は苦手です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20181114171219j:plain

「放課後すとりっぷ」by 若鶏にこみ まんがタイムきらら 2018年12月号 p151 芳文社

 

もちろん、幻滅するのもその人の勝手なので、あえて幻滅するなとは言いませんが。

ただ、そういう人はおそらく「好みや趣向が合う人がスキ」なだけで、もっと根本的な「人間と人間の付き合い」は求めていないのだと思います。そういう付き合い方ができるのが、たぶん「親友」と呼べる存在なのでしょうね。

私の「親友」と呼べる人間の一人は、数年前に亡くなりましたが、いまでも何かの折に「あいつならどう言うだろう…?」と考えて、想像されるその言葉をアドバイスとして受け取っています。

他にも「親友」と呼べる存在はいますが、彼はやはり私の中では特別でありつづけているのです。

 

さて、どうしても「下着」だの「ストリップ」だの、趣向がアレな本作ですが、非常にアレなことを言わせてもらえれば、この作品というか作者さんの「肉体の表現」はアレです。非常にアレなので、ある意味「若鶏のにこみの貴重な肉体表現」とでも評するのがアレなんじゃないでしょうか。ホメてます。アレですがホメ言葉です。

…来月にはコミックスが出ますね。扉は当然描きおろしカラーだと思いますが。楽しみです。

シビアなようでも「勝てば官軍」が現実ですから、部下を「賊軍」にさせないことがリーダーの役目です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20181106181626j:plain

NEW GAME!」by 得能正太郎 まんがタイムきららCarat 2018年12月号 p212 芳文社

 

仲間と一緒に「勝利に貢献」したときの喜びを、自分の中でどれだけの価値として認められるかが、いわゆる「組織人」であることへの「向き不向き」だと思います。その「向き不向き」は、年齢や経験などで必ず変わっていくので、フリーランスを目指すなら、初めから「一匹狼」で行くより、ある程度「ヨソ様のメシを喰う」経験を積んだ方が、個人的には良いのではないかと…。

もっと極端なことを言えば、どんな企業でも…特に最近は「寿命」が短いわけで、その企業という「組織」が崩壊する場面で、「次の組織」を探す人と「独立」を選ぶ人が出てくるんじゃないでしょうか。フリーランス向きの人は、ムダな労力を最小限にするルートを無意識で選べるので、所属する組織が順調に進んでいるときは、体力を温存しながらその中に居て、イザというときには「ためらわずに真っ先に飛び降りられる」タイプだと思います。そういうところは、組織型人間にはドライに見えるかもしれませんね。

 

何にせよ、お仕事コミックとしてのNEW GAME!は、DV4コマにしておくにはもったいないくらいのディープさがそこかしこに…得能先生もかなりの修羅場をクグッてきているようですし、いろんな経験がカタチを変えて作品に盛り込まれている気がします。そろそろアニメの3期が来てもよろしくてよ(嬢)。

ベルトポーチとかに小銭を入れておくときなんかに便利なんですよね、透明な袋(「ジッパー式ポリ袋」というのが正式名称です)。

f:id:tanaka-minoru-fake:20181014154948j:plain

「まちカドまぞく」by 伊藤いづも まんがタイムきららCarat 2018年11月号 p57 芳文社

 

実はお金を一か所にまとめて持ち歩くのがどうにも落ち着かない性格をしていまして、財布は基本3つ持ち歩いています。

ズボンのポケットに二つ折りの財布を1つ、ボディバッグに長財布を2つ。それぞれに現金とクレジット等のカード類が入っています。あとオマケでベルトポーチにも小銭とクレジットカードを入れているので、正確には4つかも。あ、通帳ケースもカード入りでカバンに入っているなぁ、じゃあ5つかなぁ。

長財布には小銭を入れませんので、二つ折りがコインケースを兼ねていますね。クレカは3枚持ちで、長財布の一方にはクレカでなくキャッシュカードが入っています。何にせよ「貴重品は分散させる主義」ではあります。

3つの財布のウチ2つがAMEXのポイントで入手したヤツです。上質な財布をお金を出して買うのがイイんだろうなとは思うのですが、何かの本かで「財布はプレゼントしてもらうのが金運面からみると良い」と読んだことがあり、だったら「ポイントでプレゼントしてもらうのもアリかな」と思った次第。使い心地は悪くないですよ、AMEX。長財布は二代目ですしね。

 

さてさてシャミ子さん。じわじわと登場人物が増えているせいか、やや影が薄くなったかなとも思ったのですが、やっぱり良いキャラです。そうだよねー、イイ財布とか使いづらいよねー(笑)。

何気なく言ったコトバが「全然知らないアニメの名セリフ」だったりすることがあるんですよねー。

f:id:tanaka-minoru-fake:20181006172422j:plain

「野原ひろし 昼メシの流儀」by 塚原洋一×臼井儀人 まんがタウン 2018年11月号 p86 双葉社

 

経験的に「エヴァンゲリオン」のセリフである場合が多いですね。全然知らないだけに、変なリアクションをされて「?」ってなっていると、相手も「?…あれ、違った?」ってなったりしてヘンなモヤっとした気持ちにさせられます。いや別に誰が悪いわけでもないのですが。

その一方で、自分のスキなマンガやアニメのセリフをわざと使った(滅多にないのですが)ときに、リアクションが的確にくるとムフー(^ω^)ってなります。あ、キモいですか?すみませんネェ。

バンドなんかやってると、ライブのリハとかで何気なく弾いたフレーズにノッかってくる人もいますよね。気分がアッパーなときは、そのままセッション状態になったりするのも楽しいモノです。…んー、最近そういう機会が無いんだよなー。残念。

あと吹奏楽だと、ウォームアップでさらうフレーズで「お?あの曲かな」ってことがあります。バンドと違ってセッション状態にはなりませんが、ちょっとその人との勝手な親近感を持ったりして、それもまた良いものです。

 

さてさて、今回の昼メシである「牛カツ」。個人的には「ビフカツ」という方がしっくりくるのですがそれはさておき、最近ホント食べてないですね。というか、存在自体が脳の日常エリアから消えていたかも。そうかービフカツかー。久しぶりに食べてみたいぞ。

ちなみにトンカツは「塩&レモン」派です。幼少の頃、我が家は基本的に「ウスターソース」の類を食卓から排除してたので、フツーの家庭とは多少調味料の使い方が個性的だったりします。ソースの代わりに醤油を使ってましたね。慣れてしまっていたので、特に不満も感じず、いまでもソースより醤油をかけることが多いのです。

「若いころの苦労を押し売り」する人は、たいてい「その程度の苦労?」と言いたくなる苦労しか経験していないものなんですよね。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180909141251j:plain

ラディカル・ホスピタル」by ひらのあゆ まんがタイムオリジナル 2018年10月号 p4 芳文社

 

本当に苦労した人は「オレはラッキーなことにあの苦労を乗り越えられたが、乗り越えられなかったヤツもいるはずだ」と考えて、必要のない苦労を押し付けるようなマネはしない、と私は考えるのですよ。

時代によって苦労の形は変わってきているわけで、年長者からは「楽してるなー」と見える中にも、やっぱり苦労はあるはず。そこへわざわざ「古い時代の苦労」のトッピングを掛けてやる必要なんてないんですよ。

「いっちょ揉んで(鍛えて)やるか」と無意味な負荷を掛ける年長者は、そのせいで若手が潰れても、たぶんフォローも反省もしないんでしょう。「近ごろの若いヤツはヤワだなぁ(笑)」とか言って。

 

うーむ、ちょっとネガティブなブログ記事が増えてきたなぁ。反省反省。

 

さておき、いまや芳文社4コマの重鎮、単行本も34巻という本作品。個人的には「4コマらし過ぎてちょっと…」という時期もありましたが、ここ数年はやはり面白くて良い作品だと感じています。

私自身がそこそこ年齢をとって、いくらか嗜好が変わってきているのかもしれませんね。最近になって「島耕作シリーズ」がオモシロいと思えるようになったくらいですから。そういえばこの作者さんは「お仕事モノ」がほとんどじゃないかな?自分の「苦労」もネタに混ざっているんでしょうね。

PEARLの「記憶をよびおこせ」という超名曲があります。いまの自分では聴くのがツライ曲です。

f:id:tanaka-minoru-fake:20180904122811j:plain

「おうちでごはん」by スズキユカ まんがライフMOMO 2018年10月号 p120 竹書房

 

「自分にウソをつくことほど、あとになって高い代償を払うハメになることはない。」というのが、かつての座右の銘でした。

気がつくと「自分にウソをつくことが上手な人間」になっている。本当にオソロしいことです。

いま、どうすればよいのか分かりませんが、少なくとも「いま自分にウソをついているという自覚」だけは、持ち続けて生きていきたいものです。

 

他人との無用なフリクションを生じさせないことが、世間を渡っていくときには欠かせないテクニックなんでしょうが、本当に自分がやりたいことを抑え込んでまでそうする必要は、たぶんきっと無いんだろうと思います。必要が無くても何かをやってしまうように、必要が無くても何かをやめてしまうのも人間の性ではあるのですが。

 

今日は文章がヘンですね。自覚はあります。